水の特性について

暑い日々が続きますね。この時期はプール利用者が増えます。
学校の課題、就職試験、健康のため、身内に泳げる姿を見せたい、ライバルに負けたくない、
外が暑いから涼むため、泳ぐことが好きだから、泳ぎを覚えたいから、友達と海に遊びに行くから…など
プールを利用する理由は様々だと思います。

しかし、水の特性について理解している人はごくわずかではないでしょうか。
水の中では…

・水の持つ物理的特性により、陸上とは違う抵抗が働く
・水の特性を有効に活用すれば、効果的で安全な運動を行うことができる。

今回は、そんな「水の特性」について少しでも皆様に知っていただけたらと思います。

☆水の特性って?

水の4大特性

  • 水温
  • 浮力
  • 水圧
  • 抵抗

〈水温について〉

●屋内プール
 スポーツクラブなど幅広い年齢層の人が利用する屋内プールでは、水温は29~31℃ 室温は水温+2℃くらいが適温とされています。

●屋外プール(学校のプール)
 屋外プール(学校のプール)では、①水温+気温が50℃以上、②気温-水温が6℃以下と設定されています。

*水泳指導教本より

人間は、22℃以下の水中に長時間いると、体温が急激に低下し、10℃以下では1時間で死に至ります。
しかし、屋内プールや屋外プールのように決められた範囲で体温より冷たい水に入ることにより、人間の体内では熱を外に出さないようにする働きが起こります。
体温の低下を防ぐため、体内で活発な熱生産が行われるため、基礎代謝が上がり、冷え症の改善などの効果が得られます。

※なかい水泳予備校の水泳指導は屋内プールでのレッスンになります。ご安心ください。

〈浮力について〉

●水の中では「浮力」がはたらくため、水深によって過重負荷が大きく変化します。


参考:図1 出典:児玉和夫、覚張秀樹『発達障害児の水泳療法と指導の実際』(医歯薬出版1992年)

水深と過重負荷量の関係は、水深が深くなればなるほど浮力が働くため、
下腿部100%、大腿部90%、恥骨部80%、臍部50~60%、剣状突起部30%、鎖骨部10%となります。
※体重60kgの人が鎖骨部まで水に浸かれば負荷は体重の10分の1→6kgとなります。

水深により過重負荷量が変化するため、浮力を利用しながら、その人に合わせて筋肉や関節への負担を減らして運動することができます。
膝痛、腰痛、肥満の方などはやや深めの水深のプールで運動することで、身体にかかる負担をできるだけ軽減できます。
また、発達障害のあるお子様はプールで浮力を利用しながら運動することで、筋力が弱くても少ない力で全身を動かすことができます。
さらに、泳ぐためには平衡な姿勢を保つ必要があり、平衡感覚も体の負荷を少ない状態で身につけることが可能となります。

〈水圧について〉

水は深い場所ほど体に強い圧力がかかります。

身体に水圧がかかると全身の血流が促進され、滞った血流が上に流されます。
人間の身体の中で血液のポンプ役をしている肺は、水中では常に水圧で潰され負荷を受けながら活動するため、
結果として肺活量の増加をもたらしてくれます。肺活量が増えると、体力がつき疲れにくい身体になります。

〈抵抗について〉

水の抵抗は空気の約12倍です。
そんな水の抵抗を受けながら運動することで、全身の筋肉を使って効率よくトレーニングでき、全身の筋バランスを整えることができます。
動きの速度を変化させることで個々にあった負荷をかけることも可能で、目的に合わせて負荷を調整してトレーニングすることができます。
身体に負荷をかけることで、エネルギーの消費も促進されダイエットにも効果的です。

水中では、このような様々な「水の特性」を感じながらトレーニングを行うことができます。
なかい水泳予備校では、泳げないお客様には水に慣れていくことからスタートします。
泳げなくても、水中ウォーキングや水中ジャンプ、水中かけっこから始めることで、
水温・浮力・水圧・抵抗を感じながらレッスンを受けていただくことが可能です。
これらの4大特性を上手く活用して、専門性高いスタッフと一緒に効率よく安全に運動しましょう。
水中の楽しさを感じて、泳ぎの技術を獲得してもらえたら幸いです。

☆なかい水泳予備校の個人水泳指導

1、個人のペースでレッスンすることができる。

スイミングスクール等のグループレッスンは、お客様に合わせて水泳指導することができません。
なかい水泳予備校の個人指導の場合は、お客様に合わせて無理のないレッスンをご提供させて頂きます。

2、専門性の高い水泳指導

なかい水泳予備校では、個人指導を専門に水泳指導を行ってきたプロが、お客様の状況に気づき、水泳が楽しいと感じていいただけるレッスンを提供しております。
スイミングスクールでの水泳指導経験や体についての知識が豊富な講師も在籍しております。
水泳でお困りのお客様は、是非一度体験レッスンをご受講ください。

なかい水泳予備校 東京校
https://suieiyobikou-tokyo.jp/otoiawase/